【募集】8/16 正義について考える~ニュールンベルグ裁判

8月16日(日)開催の「松本道弘の映画道場」、

いよいよお申込み受付スタートです!

今回、みんなで見る映画は「ニュルンベルグ裁判」。

8月15日の終戦記念日にちなみ、

きちんと歴史を学び、世界や日本を知り、

正義についてみんなで考えたい、との思いで

松本先生が選んだ作品です。

この映画は、3時間にわたる超大作。

議論が白熱することも考慮し、

開始時間を1時間早め、5時間のイベントに拡大しました。

松本先生と一緒に

映画を通して教養を深め、英語力を磨きましょう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: XVZAuyTrqclR7Zte1n2a0U4rTqBkOURjAF5mDO85QMUX2OQZTdKe8OPWmPsvyiPAZM9a9g908-WxLRCrLXZzkkZvFCt17IQvl9x2BxthHA5shMqP97Rk6puit3S-J9hFi-b7MVgM

ニュールンベルグ裁判
1945年、第二次世界大戦は連合国の勝利で終結。ドイツのニュールンベルグでナチ戦犯に対する戦争裁判が行われた。被告の中には、ワイマール憲法の立案にかかわっていた元法務大臣ヤニングも含まれており、世界の関心も高かった。開廷以来、弁護人ロルフと被告たちは無罪を主張。しかし、ヤニングだけは有罪を認めた。そして、検察側からは数々の証拠が提出され、裁判は大詰めを迎えた。  戦勝国が敗戦国を裁くことの妥当性、祖国のために戦うことの当否など、戦争裁判が持つ矛盾を名匠スタンリー・クレイマーが鋭くついた名作。豪華キャストたちの名演技も必見。

★松本道弘の映画道場とは?

日本一の英語の達人であり、

英語同時通訳界のレジェンド

松本道弘先生と映画の中で

実践的な英語を学ぶ超エキサイティングな会。

また、途中で

discussion(ディスカッション)や

debate(ディベート)を挟みながら

その映画の背後にある

「歴史」や「思想」なども深堀りして学んでいきます。

ひとりでは決してたどり着くことのできない、

「知的興奮」を体験することができます。

★英語力は問いません、どなたでもご参加OK!

「英語に自信ない…」という方でも大丈夫。

日本語でも、英語でも、どちらでもご参加OK。

英語を学び始めたばかりの方も、

普段から英会話を楽しまれている上級者の方も、

楽しんでいただけます。

「英語力を高めたい!」

「教養を深めたい!」

「賢くなりたい!」

「松本先生の超絶ハイレベルな英語を感じてみたい!」

という方は、奮ってご参加ください。

★音響がスゴイ!「メビウス」音響システム

会場は、ゆにわの新施設「メビウス」の3階。

世界でここにしかない特殊な音響による

臨場感あふれるうつくしい音で、

心地よく映画を見ていただきます。

英語が身につくかどうかは、普段どんな音で

英語を聞いているか、その音質によるともいわれています。

会場のメビウスでは、まるで目の前で外国人が

しゃべっているかのような臨場感をぜひ体感してください!

イベント詳細

【松本道弘の映画道場】

題材:「ニュルンベルグ裁判」(題材は毎回変わります)

日時:8月16日(日)13時-18時(12:30開場)

   ※前回より1時間、開始が早くなりました!

  昼食は済ませてお越しください。(会場での食事はご遠慮ください)

場所:Premium Lounge Mebius 3F(プレミアムラウンジ メビウス3階) 

参加費:2000円(当日受付でお支払いください)

お申し込みはこちらからどうぞ! → https://www.payke.jp/gt/p/bs4vnrp9

※セミナー会場では、アルコール消毒を徹底、強力な空気清浄機を設置、また、セミナー最中にも喚起を行うなどして、コロナ対策にも取り組んでいます。